地震火災発生における延焼範囲と被害人数の特定

Case Study 事例: Fire prevention 

It is the simulation of fire spreading in time of big earthquake. We are trying to identify the range of fire spreading by combining data of AMeDAS and buildings. It is possible to identify the number of victims and the regions having difficulty in rescuing by combining it with micro-geo data series.

大地震発生時における延焼シミュレーションです。アメダスデータ、建物データを組み合わせ、燃え上がる範囲の特定を行っています。マイクロジオデータシリーズと組み合わせることで、被害人数や救助困難地域を特定することが可能です。